【1890万件】鳥取安い引越し業者【口コミランキング】/人気で安い料金のおすすめはドコ?

kobetete.png

鳥取で小学校の転校手続きについて

2.png引越しが決まったら、お子さんがいれば転校するための手続きが必要となります。

転校手続きというのが、いろいろ走り回らなければいけない上に、必要な書類も多く迷うことも多数出てくると思います。
急きょ決定した転居だったりすると、新しい新居の住所が決まっていない事もあると思いますが、大事なポイントを抑えれば円滑に転校手続きをとる事が可能です。

ここでは、過去自分の子どもを転校させた事のあるわたしが、順を追って手続きにまつわるポイントをまとめていきます。
 

小学校の転校手続きQ&A

Q.プライベートな事情で転居先の住まいがまだ決まっていません。転校手続きは進めることが可能でしょうか。

A.転校・転居は仕方なくするケースもあり、特別にOKが出るケースがあります。例としては、家庭での暴力や付きまといの被害にあって引っ越したいが、固定住所はまだ決められていない場合。特例に当てはまっていますので、今すぐ相談してください。
また、特認校と呼ばれる小規模校も存在します。遠くの家からでも通学可能な運営体制です。

Q.転校の手続きは学校・市役所・教育委員会に娘も同伴したほうがいいのですか?

A.旧学校は保護者がやり取りをして、関係書類の対応をするべきでしょう。いつのタイミングで、転校するということを他の児童に伝えるかなど、先生と相談が必要なので、逆に子供がいると話しづらくなるでしょう。
新しい学校では子どもと先生、お互いが気になりますので、同席するといいですね。ただ、子どものこと等先に伝えることがあれば担任と相談をして、前もって会いましょう。

鳥取の教育委員会
住所:鳥取県鳥取市尚徳町116番地 
電話:0857-22-8111(代)
 

Q.公立→私立の小学校へ転校できますか?

A.転校はできますが、通常私学の方が勉強の進み具合が早い事が多くなります。引っ越し後にしっかりと勉強のフォローは必須になります。


急な事情があると仕方がありませんが、中でも市外・区外の場合、転校手続きに関して何日かかかるのが一般的です。そして母親も父親も働いている家庭だと、必要な書類のやり取りなど休みにしかできなくて、返事を待つのに1週間ということもあり、スムーズに進まないこともあり得ます。

新居にうつる7日前に転出届を出し、引っ越し後は14日以内に転入届、そしてその時に学校への手続きもすませなければいけません。

教科書などを買い揃えたり、時間があってもあっても足りない!という状況になりそうですので、できることなら、小学校の長期休暇のタイミングで行うのがベストと言えるでしょう。

夏や春そして冬の長期休暇中にゆとりを持って手続きを済ませながら子どもの状態をよくチェックし、ケアをしていく事が大切だと思いますよ。
kobetete.png